スキップしてコンテンツに移動する
至福のタオル体験を!タオルを新品のようにふわふわにする方法

至福のタオル体験を!タオルを新品のようにふわふわにする方法

毎日肌に触れるタオルが、柔らかくてふわふわな感触だと幸せな気分になりませんか?ですが、使い始めはふわふわだったタオルも、いつのまにかゴワゴワした感触になってしまいます。

本日はタオルメーカがおすすめする、ゴワゴワのタオルをふわふわに復活させる方法を紹介します。毎日ふわふわタオルに包まれたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

タオルがゴワゴワになるのはなぜ?

タオル ゴワゴワ 原因

そもそも、なぜタオルはゴワゴワした感触になってしまうのでしょうか。ここでは、その理由を解説します。

 

洗濯物を詰め込みすぎている

洗濯機に衣類やタオルを詰め込みすぎると、十分な水量で洗濯することができません。

水量が足りないと、他の衣類やタオルとの摩擦が起きて、タオルのパイルを傷つけます。また、洗剤や柔軟剤が洗い流しきれずにパイルに残ったままになると、ゴワつきを引き起こしてしまいます。

 

洗剤や柔軟剤を多く入れている

「しっかり洗いたい」「柔らかくしたい」と思って、洗剤や柔軟剤を多めに入れていないでしょうか。実は、洗剤や柔軟剤の使い過ぎは、タオルのゴワつきを悪化させる原因になります。

柔軟剤は繊維の表面に薄い皮膜を作ることで摩擦を減らし、肌触りを柔らかくしています。 しかし、柔軟剤でコーティングされた繊維は水を弾きやすく、吸水性も低下気味。そのようなタオルでは拭く回数が増えてしまい、結果的にパイルを傷める原因になります。

また、柔軟剤を使用することで繊維同士も滑りやすくなり毛羽抜けや毛羽立ちの原因になります。その結果、毛羽(パイル)が抜けると生地が痩せて肌ざわりが変化します。

 

乾燥の仕方が間違っている

洗濯直後のタオルは、濡れた髪のようにつぶれてぺたんこになっています。そのまま干してもパイルが立ち上がることはなく、タオルのゴワつきにつながります。

また、長時間天日干しにするのも、タオルにとって良くありません。乾燥しすぎて生地が硬くなるうえ、紫外線が原因で生地が痛んでしまいます。

 

同じタオルを使い続けている

タオルにも寿命があります。 長年使い込んだタオルは、パイルが立たないほどダメージを受けてしまい、ゴワつきを引き起こします。

 

ふわふわタオルに復活させる方法

タオル ふわふわ 復活

ゴワゴワタオルをふわふわタオルに復活させる方法は、次の通りです。

  • 水量を多くする
  • 柔軟剤や合成洗剤の使用を控える
  • ネットに入れて洗濯する
  • しっかり振ってから日陰で干す
  • 乾燥機を使う

これらの方法は、ゴワつきを解消するだけでなく、タオルのふわふわを持続させるのにも有効です。ぜひ試してみてくださいね。

 

水量を多くする

タオルをふわふわにするには、十分な水量で洗うことが大切です。

洗濯機の標準の設定では水量が少ないかもしれないため、手動で多めに設定するとよいでしょう。事前にタオルを濡らしてから洗濯を開始すると、洗濯機に注水された水を吸うことがなくなり、さらにたっぷりの水量で洗濯ができます。

洗濯物の量にも気をつけましょう。洗濯物同士で摩擦が起きないようにして、パイルの傷つきを防ぐようにします。

 

柔軟剤や合成洗剤の使用を控える

柔軟剤を使用しても繊維の表面がコーティングされるだけで、タオルがふわふわになっているわけではありません。吸水性も落ちるため、タオルを洗濯するときは柔軟剤を使用する必要はありません。

日常使いする洗剤は、粉石鹸などの天然油脂由来の洗剤を使うのがおすすめです。もし洗浄力の強い合成洗剤を使う場合は、適切に最小限の量を使うようにしましょう。

 

ネットに入れて洗濯する

ネットに入れて洗濯すると、他の衣類に絡まってタオルが傷つくのを防ぐことができます。

複数枚のタオルを同じネットに入れると結局タオル同士で摩擦が起きてしまうので、1つのネットに1枚ずつタオルを入れて洗濯するのが理想的です。

 

しっかり振ってから日陰で干す

濡れてパイルがぺたんこになっているタオルは、しっかりと振って、パイルを起こしてから干すようにしましょう。タオルを振ると繊維に空気が入り、パイルが立ってふわふわになります。

タオルの両端を持って、勢いよく上下にタオルを振りましょう。 基本的に45回、ゴワつきがひどいときは10回以上振るのがおすすめです。

直射日光の紫外線ダメージや必要以上の乾燥を防ぐために、振ったタオルは風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

 

乾燥機を使う

乾燥機を使うと、タオルを簡単にふわふわにできます。この方法は、長年使い込んでパイルがつぶれたタオルにも有効です。 

洗濯槽を回転させながら温風を送ることで、乾燥させながらたっぷりの空気をタオルの繊維に含ませることができます。

タオルが大きく回転した方がよりしっかりパイルが立つため、ドラムは大きい方が良いでしょう。コインランドリーの乾燥機は家庭用よりも大きいため、本格的にふわふわにしたいときにおすすめです。

 

ふわふわを体験したい!おすすめのタオルをご紹介

ここでは、 おすすめのふわふわタオルをご紹介します。

 

うさぎ もふもふ タオル

名前の通り、至福の“もふもふ”体験ができる「うさぎのもふもふにうもれてみませんか?」。通常の糸とは異なる、撚りがほとんどない繊細な無撚糸を使うことで、極上の肌触りを実現しています。

https://hartwell.co.jp/collections/munenshi/products/130301

 

ホテル タオル 

柔らかさとボリュームにこだわった「わたしのホテルタオル」は、上質な肌ざわりが特徴のタオルです。超長綿でパイルを長く出すことで、コットン本来のやわらかさがしっかり感じられます。

高級感のあるデザインは、来客や贈答にもぴったりです。

https://hartwell.co.jp/products/131001?_pos=1&_sid=843f50420&_ss=r

 

CUOL タオル 

CUOL タオルではじめるスキンケア」は、肌への摩擦ダメージを大きく軽減したタオルです。ふわふわのパイルで仕上げたタオルは肌に優しく、デリケートな肌にもおすすめです。

https://hartwell.co.jp/products/125801

 

毎日の洗濯でお気に入りのタオルをふわふわにしよう

ふわふわのタオルは、お肌を優しく包んでリラックスできるだけでなく、吸水性など機能面にも優れています。

ふわふわタオルを楽しむためには、毎日の洗濯のときにちょっとした工夫が重要です。今回ご紹介した洗濯方法や干し方はカンタンなコツばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

HARTWELL Voice一覧に戻る

CONTACT

お問い合わせ

以下フォームよりお問い合わせください。

お電話・FAXでのお問い合わせはこちら