HISTORY

ハートウエルの歩み

創業者 原田留市が、今治市大坪通りにおいて創業。
後に今治市蔵敷に第2工場建設。

1930

戦後の復興を経て、今治市通町に、本社・工場を建設。

1947

株式会社改組、原田タオル株式会社として設立。

1951

南宝来町に第2工場建設。その後拡張。

1957

今治市黄金町に本社移転。

1961

南宝来町において、本社ビル工場建設。以後、同地を本社工場とする。
以降2002年まで本社として稼働。

1968

染色・プリント部を発足、今治市国分に染色・プリント一貫工場を建設。

1969

桜井工場(織布)を建設。

1972

アパレル部を発足、今治市黄金町に縫製工場を建設。
織・染・捺染・縫製の生産設備を完備し、一貫生産メーカーとなる。

1975

アパレル部を独立、マルハ・テリー・ソーイング株式会社を設立。

今治市黄金町に直営店兼営業事務所を設立。
徒歩1分ほど離れた縫製部で縫製品を製造。

自社ブランドの商品開発開始。今治では珍しいショップ向け商品を開発。
オリジナル縫製品の開発・販売を開始。

1976

染色・プリント部を独立、ユーシン染工株式会社を設立。

今治で早期にシルクスクリーンを導入。

1978

東京原宿に商品企画室・営業所を開設。

1983
朝倉工場完成。(敷地面積約1万坪)
  • 後加工の連続化
  • ジャガード織りの電子化(ボーダータオル)
  • 業界に先駆け、無撚糸タオル、片面ガーゼ、オーガニックの商品化
  • 商社向けOEM商品の営業開発を拡大
  • ヨーロッパ各種ラグジュアリーブランド向け商品の開発
  • 従来使われてこなかった高級綿糸での差別化商品の開発
  • 綿以外の素材を用いた製品開発
1989

原田タオル株式会社を株式会社ハートウエルに社名変更。
ハートウエルとしての初代コーポレートロゴを策定。

ユーシン染工株式会社をハートウエルカラーワークス株式会社に社名変更。

1990

中国天津市に工場建設準備を開始。

1992

中国の織布、染色、縫製の完全一貫生産工場が完成。

1995

グループ3社、製織、染色、小売の各グループ会社を統合し、(株)ハートウエルとする。

1999

本社を朝倉工場に増築し、今治市朝倉上乙1050番地1に本社移転。

2002

2代目コーポレートロゴへリニューアル。

中国天津の工場を売却。

2014

取引先問屋の仕入れ方針変更、中国工場の不振により、民事再生法の適用を申請。(株)匠堂の出資を受け新体制で企業再生を開始。

2018年9月再生手続終結決定。

2017

染色部に大型の新型連続乾燥機を導入。

2018

現社長 池永将成が代表取締役社長に就任。

紡績会社、他メーカーとの協業により中空糸を独自開発。

2019
創業90周年を機にコーポレートビジョン・行動指針を策定し、新たな各種取組を開始。
  • EC事業部・企画部の新設。
  • 空気のようにそっと寄り添うマスクブランド「sottosou」オープン。
  • 大人美容のためのタオルシリーズ「CUOL」発売。
  • 2020Makuakeアワードで「夏用Coolマスク」がブロンズ賞受賞。
  • 動物施設や被災地等へのタオルやマスクの寄付活動。
2020

現在のコーポレートロゴに刷新。

オンラインストア本店リニューアル。

コーポレートサイトリニューアル。

2021

CONTACT

お問い合わせ

以下フォームよりお問い合わせください。

お電話・FAXでのお問い合わせはこちら