スキップしてコンテンツに移動する
ヘアドライタオルの効果とは?選び方や使い方を解説

ヘアドライタオルの効果とは?選び方や使い方を解説

髪を洗った後のドライヤー。髪を乾かさないといけないのはわかっていても、とにかく時間がかかるため、忙しい朝や働いて疲れた夜は面倒に感じてしまうかもしれません。

髪を素早く乾かすには、ドライヤーの前に濡れた髪をタオルで吸水するタオルドライが重要。より時短を目指すためには、タオルドライ専用に作られた「ヘアドライタオル」を使用するのがおすすめです。

この記事では、ヘアドライタオルの効果や選び方、使用時のポイントをご紹介します。

 

ヘアドライタオルの効果

ヘアドライタオルを使う女性

ヘアドライタオルは、髪のトラブルを事前に予防します。

吸水性に優れたヘアドライタオルは、タオルでゴシゴシと髪をこすらなくても髪の水分をよく吸収します。

濡れた髪はキューティクルが開いているため、ダメージを受けやすい状態です。ヘアドライタオルで濡れた髪を包むだけでもどんどん髪の水分を吸収するため、髪への摩擦が減ってダメージを抑えます。

また、髪の水分を事前に取ることで、ドライヤーの時間が短くなります。

髪を美しく保つには、ドライヤーの時間をできるだけ短くすることが重要。ヘアドライタオルを使って余分な水分を取ることでドライヤーの時間を短縮し、熱で受けるダメージの影響から髪を守ることができます。

 

ヘアドライタオルの選び方

ヘアドライタオルの選び方

ヘアドライタオルには多くの種類があります。自分に合ったヘアドライタオルを選ぶ際に押さえておきたいポイントは次の3つです。

  • 吸水性
  • 素材
  • 形状

それぞれ詳しく解説します。


吸水性

濡れた髪を素早く乾燥させるために、吸水性に優れたヘアドライタオルを選びましょう。よく吸収するヘアドライタオルを使うと、髪に押し当てるだけでも水分をしっかり取ってくれます。

髪との摩擦を減らすだけでなく、ドライヤーの時間短縮にもつながり、健やかな髪を保つのに役立ちます。


素材

ヘアドライタオルの代表的な素材は、天然素材を使用した「綿」と化学繊維の「マイクロファイバー」の2つです。それぞれの特徴をご紹介します。

 

綿

綿素材のヘアドライタオルは、やさしい肌ざわりが特徴。

天然素材で化学繊維よりも刺激が少なく、においも発生しにくいため、小さな子どもや敏感肌の方でも安心して使えます。

また、丈夫で長持ちしやすい点も優れています。吸水性や脱毛率など独自の品質基準をクリアした今治タオル認証のアイテムであれば、より長く使うことができるでしょう。

毛量が多く吸水性が気になる方は、厚手の生地を選びましょう。洗濯しても耐久性が落ちにくく、毎日肌に触れるものは清潔に保ちたいという方にぴったりです。

肌触りや吸水性、扱いやすさのバランスが取れているため、はじめてのヘアドライタオル選びでおすすめしたい素材です。


細くしなやかな糸を全体に使用したCUOLのヘアドライタオルは、なめらかでやさしい肌ざわりが特徴。

一般的なタオルに比べ、摩擦ダメージが約2分の1と大きく低減されています。吸水性も高く、肌をこすらなくても水分をしっかり吸い取ります。

CUOLの購入はこちら

マイクロファイバー

ポリエステルやナイロンを使ったマイクロファイバーのヘアドライタオルは、吸水性が高いだけでなく、抜群の速乾性も持っています。「とにかく早く乾かしたい」という方におすすめの素材です。

ただし、マイクロファイバーの繊維の表面は非常に細かい繊維でできているうえに、繊維の先が尖っています。そのため、丁寧に水分を拭き取らないと、髪を傷つけてしまいます。

また、細かい繊維の一本一本に雑菌がたまりやすく、綿に比べてにおいやすくなっています。しかし、マイクロファイバーの耐久性は低く、清潔に保とうと思って洗濯をひんぱんにおこなうと、すぐに生地が痛んでしまう可能性があります。


形状

ヘアドライタオルの形状には、「タオルタイプ」「キャップタイプ」「ターバンタイプ」「手袋タイプ」の4種類があります。自分の髪の長さや使い方にあった形状を選びましょう。


タオルタイプ

一般的なタオルと同じ長方形の形をした、バスタオルとフェイスタオルの中間ぐらいの大きさのヘアドライタオルです。

ショートヘアからロングヘアまで幅広く対応しており、髪型や毛量も気にせず使用可能。定番で人気があり、どんな形状が自分に向いているか迷っている方におすすめです。

髪に巻き付けて使用したければ少し長めのものを、毛量が多い方は幅広のタイプを選ぶのがよいでしょう。


キャップタイプ

キャップタイプのヘアドライタオルは、髪を洗ってすぐにサッと被ることができるのが特徴です。

内側にゴムが入っているため頭にフィットしやすく、濡れた髪から水がポタポタと落ちにくい点もメリット。一度被れば動いてもズレにくく、髪を乾かしながらでも家事やボディケアといった他の用事をおこなえます。

お子様にもおすすめの形状です。お風呂上がりのバタバタしているときでも、タオルを持って子どもを追いかけ回す必要がありません。

耳付きでかわいらしいデザインや親しみやすいカラーのものが多く、お子様が気に入るキャップを見つけやすいでしょう。


ターバンタイプ

髪全体を包み込むターバンタイプのヘアドライタオルは、毛先までしっかりと吸水してくれます。

タオルの長さを選べば、ショートヘアからロングヘアまで幅広く使えます。髪より短いと収まりきらず、長すぎるとタオルが余って頭に巻きにくくなってしまいます。

ショートヘアやミディアムヘアであれば少し短めを、ロングヘアならば長めのタオルを選びましょう。


手袋タイプ

最近人気が高まっている手袋タイプのヘアドライタオルは、両手の指の間や手のひらを使って一気に水分を吸収できるため、髪を早く乾かすことができます。手袋の大きさにかかわらず、ショートヘアからロングヘアまで対応できます。

ドライヤーの熱風を直接受けることがないため、手の乾燥を防げます。お風呂上がりにハンドクリームを塗った後でもタオルドライができるため、さらなる時短にもつながります。

 

ヘアドライタオルを使うときのポイント

ヘアドライタオルを使うポイント

ヘアドライタオルはしっかり髪の水分を吸収することで、時短につながります。ここでは、美しい髪につながるヘアドライタオルの使い方を解説します。


髪を洗ったらすぐにタオルを巻く

濡れた髪はキューティクルが開いているため、傷つけないためにもできるだけ早く水分を取りたいもの。

髪を洗ってすぐにヘアドライタオルで巻くことで、お風呂に入っている間でも吸水ができます。時短にもつながり、一石二鳥です。


頭皮から毛先にかけて水分を取る

まずマッサージするようにやさしくもんだりたたいたりして、頭皮の水分を取ります。

頭皮の水分を取れたら、中間から毛先にかけて水分を吸収します。やさしく拭き取ることを心がけ、タオルで髪を包み込むようにしましょう。


ヘアドライタオルで髪の負担を軽減しよう

濡れた髪にしっかりとタオルドライをおこなうことで、ドライヤーの時間が短くなります。熱ダメージをなるべく抑えることで、健やかで美しい髪を手に入れることができるでしょう。

いつものタオルでもタオルドライはできますが、吸水性に優れたヘアドライ専用のタオルを選ぶと時短につながるため、おすすめです。

ヘアドライタオルにはさまざまな素材や形状があります。今回ご紹介した選び方を参考にして、自分に合ったヘアドライタオルを選んでみてください。


CUOLはヘアケア専用に作られた、美髪のためのヘアドライタオル。

"摩擦レス"の使い心地はなめらかで、年齢や乾燥で敏感になった髪や頭皮をやさしくいたわります。

保水力の高い繊維を使ったタオルが水分をどんどん吸収して、ドライヤーの熱や時間の負担を軽減。

忙しい毎日の中でも、しっかりとヘアケアをおこないたい方におすすめのヘアドライタオルです。

CUOLの購入はこちら

HARTWELL Voice一覧に戻る

CONTACT

お問い合わせ

以下フォームよりお問い合わせください。

お電話・FAXでのお問い合わせはこちら